【3/20ボランティア募集】家康ゆかりの史跡 UD調査

未分類

第5回 ハママツUD調査
~家康ゆかりの史跡 UD調査 ボランティア募集~
2022 SDGs
Hamamatsu Street UD Field Work Vol.5

こまってたら たすけるにぃ」を合言葉に、心のユニバーサルデザインを広げる活動をしている「こまたす推進プロジェクト」が主催する「ハママツUD調査」。第5回となる今回は、2022年3月20日(日)、徳川家康にゆかりのある史跡を中心に調査を行います。実施にあたり、この活動に参加してくださるボランティアの方を募集いたします

3/20(日)の調査への参加登録(個人)はこちら

UD調査を実施する背景

来たる2023年、NHK大河ドラマ「どうする家康」が放送されるのにあたり、徳川家康が築いた浜松城があるここ浜松には、全国から多くの観光客が訪れることが予想されます。そんな方々に観光を心から楽しんでもらうために、浜松に住んでいる私たちが考えなければならないのが「ユニバーサルデザイン(UD)」です。

ユニバーサルデザイン(UD)とは:障がい者、高齢者、妊婦さんなど限られた人だけでなく、すべての人にとって区別や不便なく利用しやすいよう最初から設計されたデザインのこと。

こまたす推進プロジェクトではこの4月より「家康の散歩道マップ」の作成を行います。今回のUD調査で家康ゆかりの史跡におけるUD・バリアフリー化の状況について調べ、UDについての情報をマップに盛り込むための資料として活用します。

UD調査は、車いすを利用する方などと一緒にいくつかのグループで実際に現地を訪れ、気づいた点などをメモしたり写真に撮ることで記録し、資料としてまとめる活動です。
イ・ヨンボさんも調査に参加していただきます!

また今回は、こまたすではおなじみのシンガーソングライター、イ・ヨンボさんも参加していただきます。イ・ヨンボさんの講話と歌をご披露いただくほか、浜松を訪れる観光客という視点から、実際にUD調査にも加わっていただきます


イ・ヨンボさん
:1995年の阪神淡路大震災をきっかけに世界の災害などに向き合い、各地でチャリティーコンサートや募金活動を実施。2011年の東日本大震災では避難所を回り、多くの人に希望の歌を届けるなど、献身的な活動を続けています。

こまたす推進プロジェクトが提唱する「こまってたら たすけるにぃ」と、てのひらの形をした「こまたすマーク」には、それを身に着けておくことで「なにか困っていることがあったら気軽に声をかけてくださいね」という配慮の気持ちを示す「逆ヘルプマーク」としての意味があります。この4月、そんな「こまたすマーク」が、静岡県が作成する「第6次 ふじのくにユニバーサルデザイン行動計画」において紹介されることになりました。

イ・ヨンボさんには、そんな「こまたすマーク」の普及を願う啓発ソング「こまたすサンバ ~あなたの手で笑顔が生まれる~」を初披露していただきます。おたのしみに!

3/20(日)の調査への参加登録(個人)はこちら

実施要項

実施日:2022年3月20日(日)12:30~13:00 受付(事前の応募が必要です)
集合場所:浜松市中区早馬町 クリエート浜松 53会議室

タイムスケジュール:
13:00~ 準備、イ・ヨンボさんのお話と歌
14:00~ 現地でのUD調査
15:30~ まとめ
17:00  終了・解散

協力していただいている団体・学校(順不同)
  • 浜松市市民協働センター ボランティアクエスト様
  • 浜松学芸中学校・高等学校様
  • トライ式高等学院様 
  • 浜松修学舎 中学校・高等学校
  • 浜松商店界連盟
  • 遠州鉄道
  • 第一学院高等学校 浜松キャンパス
お問い合わせ・参加申し込み

この活動には、個人または団体でご参加いただけます。
ボランティア活動に取り組んでいる部活動、サークル活動の関係者様や学校関係者様などからのお問い合わせも、お待ちしております。

応募締め切りは2022年3月14日、定員は30名を予定しております。
参加者が定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
個人での参加をご希望の方は、下記フォームからお申し込みください。
部活動、学校関係者様など、団体での参加申し込みは、以下を下記メールアドレスよりご連絡ください。
(・学校名 
・団体名 ・参加者 ・責任者 ・連絡先 )

お問い合わせ・団体申し込みメール: comatasu0503@gmail.com

参加のお申し込み(個人)は以下のフォームからご登録ください。

*団体でのお申し込みは、メールにてお願いいたします。お問い合わせ・団体申し込みメール: comatasu0503@gmail.com

コメント