夢のパラリンピックに向けて ~車椅子ソフトボールとの出会い〜

こまたす活動

夢のパラリンピックに向けて ~車椅子ソフトボールとの出会い〜 from Yoshino Films on Vimeo.

夢のパラリンピックを目指して

静岡県立特別支援学校に通う高校3年生の田中康陽さん。
生後10ヶ月で「脳性麻痺」と診断されましたが、2歳の頃から常に手術、リハビリ、理学療法を行ってきました。彼は、歩けるようになるという目標に向かって奮闘してきました。

子供の頃から野球が好きだった。
途中で何度もあきらめたが、車いすソフトボールに出会ってからは、目標を持つようになった。夢は、プロ野球選手になって、7年後のパラリンピックに参加して、公式戦に出られるようになること。
そのためには、自分の体を大切にすることに加えて、周りにいる大切な人たちに支えられて、そのつながりを大切にし、励まし、作っていく必要があります。その中でも最も大切なのは、友情です。

目標を達成するために、神様がいつもあなたを祝福し、たくさんの健康を与えてくださいますように。

文:Yoshino Filmsより自動翻訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました